2006年04月26日

認知されたら手当てなし お金の悩み彼女の場合

認知されたら手当てなし お金の悩み彼女の場合

彼女(35)にとって今年は天気の都市だ。一人息子(12)が中学に入学。彼女も介護ヘルパーとして本格的に働くことになったからだ。

ここまで来るには苦難があった。13年前、彼女は大学の卒業旅行で出かけたスキー場で彼(40)と出会い、1年ほど付き合ううちに妊娠。ところが任意sんを告げると、急に彼はよそよそしくなっ手連絡を避けるようになった。視薔薇k梳いて理油は明らかになった。彼には妻子がいたのだ。

「私をだましていたのね」「すまない・・・・・」。彼は謝ったが、その後は黙っていた。

「いいわ。でも、認知して。私が育てるから」。彼のことは好きだったし、後悔もしてなかった。誕生する命を自分の手で育てる覚悟もしていた。ただ、子供の為に認知はして欲しかった。

しかし、彼はその後も逃げ続けるばかり。息子が生まれても認知しなかった。

一方、息子の養育の為、彼女は児童扶養手当の給付を受けることにした。親の反対を押し切って産んだ手前、親に頼れなかった。パートをしながらでも、暫く頑張るつもりだった。

その後、かの条が家庭裁判所に調停を申し立てると、彼の妻子にも息子の事が知られ、すったもんだした結果、ようやく息子を認知した。息子は2歳になっていた。一連の経緯から見て彼には何も期待しなかぅったが、息子には父親をはっきりさせる事ができて、少しほっとした。

ところが、認知を届け出ると、自動扶養手当が取り消されてしまった。「なぜ?認知はされましたが、養育費が送られてこないので困ります」彼女は役所で食い下がった。「規則で決まっているので」係りの男性は当然のように答えるだけだった。

折角認知されたのになぜ、こんな仕打ちを受けるのか、彼女右派今日までずぅっと疑問を抱いている。

○判例あり特例で受給できる
児童扶養手当は、18歳以下の自動を扶養する母子家庭などに支給される。このケースのような10年ほど前は、母が婚姻によらないで出産した児童が父から認知されると、手当てを受給できないという政令規定があった。この規定wおめぐっては、その後訴訟で争われ、02年に
最高裁判所は、母子家庭を支援しようとしう法の趣旨に反し向うであると判断した。

認知により、法律上の父は存在する状態になるものの、世帯の整形意地者としての父が当然に存在するとは限らないからである。

このような経緯から、現在は98年7月以前に児童が認知されたことにより手当てを受給できなかった人に対し、各自治体が当時の手当額で特例の給付を行っている。かの条も所定の用件を明らかにする事で支給を受けられよう。

ファイナンスクリニック
http://www/finance-clinic.com


以上新聞紙面より引用


*管理人の一言
いろいろな形での子供の出生が有る中で、やはり子供をもうけると言うことは、その後養育していくという事にほかならず、様々な事情は有るにしろ、お金がかかるのは当然の事です。
離婚再婚、シングルマザー、愛人など、様々な形があるにしろ、産むのは女、養育を放棄するのは男と相場がほぼ決まっており、この辺何とかする為に、男も妊娠のリスクを背負う為に妊娠できる体になるとか、籍が有るなしにかかわらず、遺伝上の親子関係(精子バンク等は除く)が認められれば、必ず父親が強制的に養育費支払い義務を負うなど、なんら対策が無い限り、この先、男共はやりたい放題。。。



すぐに役立つ夫婦・親子の法律と手続きケース別文例47
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1538665/

法律がわかる事典
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1581572/

夫婦・親子の法律知識改訂第13版
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1547247/

結婚・離婚・親子の法律相談
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1633858/

すぐに役立つ結婚・離婚・親子のトラブル解決マニュアル
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1695125/


posted by ブログメッセンジャー at 12:05| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚再婚結婚悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。