2006年05月02日

お金の悩み彼女の場合 養育費今は払えるよね

お金の悩み彼女の場合 養育費今は払えるよね

3年前、彼女(42)はひとり息子を連れて離婚した。彼との結婚生活は12年間だったが、女性関係に耐えられなくなったからだ。別れること事態はすんなりと合意できたものの、なかなか解決できあかったのが息子の養育費の問題だった。

「そりゃ払ってやりたいけど、約束できなんだよ。わかるだろ?」

離婚調停の場で彼は繰り返した。勤めていた建築会社をリストラされ、再就職のめどもたたないとの理由だった。

「リストラは、あなたの女癖が原因よ! 何でもいいから働きなさいよ!」

息子の将来のために引き下がれない。彼女は自分にそう言い聞かせながら反論した。

しかし1年間に及んだ調停の間も彼は再就職できず、無収入の状態が続いた。結局彼女は調停委員の説得を受け入れ、200万を解決金として受け取り、今後は名目のいかんを問わず財産上の請求をしない旨合意し、離婚した。

その後、彼女は母が経営する美容院で働き、月に数万円の収入を得ていたが、母が急死して美容院は閉める事になった。スーパーで店員をしたり、夜の工事現場で見張りをしたりと、できることは何でもして息子を食べさせた。

ところが3ヶ月前、彼女はPTAの集会である親から話を聞いてびっくりした。

「この間、目のご主人を見たわよ、運送会社で働いていらっしゃるのね」

離婚後、彼は遠くにいる女性の元に身を寄せているらしいと聞いたので、近くに戻っているとは思っても居なかった。地域の運送会社やかつての同僚たちに片っ端から聞いて回り、彼が勤めている会社を突き止めた。収入も悪くないとの事だ。

「久しぶりね・・・」

彼女は、会社にいる彼を捕まえた。突然表れた彼女の姿に、彼は驚きを隠せないのがありありとわかった。

○○ 事情変われば合意は白紙も ○○

父母は成人してない子に対して自分と同じ程度の生活を保障する義務を負い、子が父母のいずれに養育されている場合であっても、生活水準の高い方の親と同じ程度の生活が補償されるべきである。

確かに、離婚に雄際して将来の財産上の請求を放棄し、子を引き取る側の親が養育費などを負担する合意も、未成年者の福祉を害するなどの特段の事情がない限り有効である。

しかし、扶養の方法などについての協議や審判の後で、親の側または子の側の事情に変化が生じたときは、家庭裁判所はその協議や審判を取り消すことがが出来るとされる。

彼女は前夫の収入が出来たという事情の取り消しを申し立てて、養育費の支払いを受けられる可能性がある。

ファイナンスクリニック
http://www.finance-clinic.com

法律、税務など、さまざまな分野で女性の専門家が有料で相談に応じている。今回の筆者は菱田貴子 薮元亜里

以上新聞紙面より引用


離婚バイブル
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1766174/

よくわかる弁護士の頼み方と費用
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1057564/

すぐに役立つ夫婦・親子の法律と手続きケース別文例47
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1538665/

すぐに役立つ離婚と慰謝料のしくみと手続き
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1469243/

離婚は家族を壊すか
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/4018776/

離婚・再婚と子ども
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/372089/



posted by ブログメッセンジャー at 17:35| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚再婚結婚悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。