2006年05月03日

生活習慣病市民公開講座 大動脈瘤破裂と大動脈解離

生活習慣病市民公開講座 大動脈瘤破裂と大動脈解離

突然やってくる 大動脈破裂と大動脈解離
    〜〜知っておきたい知識とその対策

「大動脈瘤」とは、大動脈がd局所的に拡張した病気で、動脈硬化が主な原因とされています。動脈瘤の大きさは、部位などにより症状は様々ですが、ほとんどは無症状で経過します。しかし「胸部、背中の痛み」「血痰 息苦しさ」「かすれ声」など症状が出た場合は急速にこぶが大きくなっている可能性がある、早めの受信が必要となります。

当講座では、大動脈瘤をはじめとする循環器病の専門家を招き、主に大動脈瘤破裂と大動脈解離に焦点をあて、その知識と対策広くご紹介します。

○プログラム

あいさつ
北村惣一郎(国立循環器病センター総長)

第一部 講演

講演@ 松田 均氏 (国立循環器病センター 心臓血管外科)
講演A 圷 宏一氏 (国立循環器病センター 心臓血管内科)
講演B 福田 哲也氏 (国立循環器病センター放射線科)
講演C 井上 由美氏 (国立循環器病センター6階西病棟看護)
講演D 荻野 均氏 (国立循環器病センター血管外科)

*休憩

第二部 パネルディスカッション
「大動脈瘤破裂 大動脈瘤解離から命を救う」

◎司会進行 荻野 均氏
パネリスト 松田 均氏
       圷 宏一氏 
       福田 哲也氏
       井上 由美氏
       患者さん代表

       


参加無料先着400人

日時:2006年6月3日(土)
    開場14時 開演14時30分

会場:大阪国際会議場
    (グランキューブ大阪) 大阪市北区中之島5-3-51

応募方法
参加申し込みは はがきまたはファックスで
〒:565-8565
吹田市藤白台5-7-1 国立循環器病センター
心臓血管外科内
「大動脈流市民公開講座」事務局

ファックス
06-4863-7289(24時間受付)
1:住所
2:氏名
3:参加希望人数
4:電話番号
5:高血圧や動脈硬化 大動脈瘤など循環器病についての質問を明記し、上記までお送り下さい。聴講券をお送りしますので、当日ご持参下さい。

■締め切り・2006年5月22日(月)必着
■お問合せ・пF06-4863-7290

主催:国立循環器病センター
後援:朝日新聞広告局

以上新聞紙面より引用



エキスパートに学ぶ大動脈瘤手術
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1558486/

大動脈瘤・大動脈解離の臨床と病理
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1635370/

胸部・腹部大動脈瘤の治療
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1338182/

映像でみる最新胸部大動脈瘤手術
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/4016102/

大動脈瘤・大動脈解離診療のコツと落とし穴
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/3978253/







posted by ブログメッセンジャー at 16:10| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康に関する講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。