2006年06月05日

あなたの「脳年齢」は?

あなたの「脳年齢」は?

家庭用ゲーム機に大人や女性がはまる。

「脳を鍛える」「能力トレーナー」
脳の老化防止をうたった「脳トレ」系とも言われるコンピューターゲームが売れている。学者の慣習を全面に打ち出し、「脳年齢」を測定するのが売り物だ。「放っておくと衰えますよ」と危機感を煽る一方、トレーニングで回復できるとうたうのもミソ。中高年層や女性など、従来のゲームユーザー層とは異なる人たちをひきつけている。

東京都目黒区の主婦は午後10時、小2の息子を寝かしつけるとソファに身を沈め、家庭用ゲーム機ニンテンドーDS」に向き合う。簡単な計算やじゃんけんなど、無作為に繰り出される「脳年齢TYぇッ区」などに挑み、気が付くと深夜2時を回る事も。

きっかけは、「ポケモン」ゲームに飽きたという息子を連れて父が買ってきたゲーム度ふと。主婦はそれまでゲーム機など手にした事もなかったが、「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」と言うタイトルに引かれ、軽い気持ちで試してみた。

判定結果は「79歳」絶句してしまったが、思い当たる節はあった。知人の名前が思い出せない。買い物はメモ書きしても買い忘れが。

以来、時間の許す限りトレーニング編に挑み、一週間あまりで脳年齢は実際の年齢を下回る「33歳」まで回復した。今は「せめてバーチャルな世界だけでも20代にしたい」実際にそこまで若返るのは、「無理だから」と鍛錬に励む。

○○ 携帯型が先導

家庭用ゲーム機の業界団体「コンピューターエンタテイメント協会」によると、05年の家庭用ゲームの総出荷数は、ソフトとハードを合わせて、一兆3598億円。04年度に比べて5割増えた。04年12月に相次いで売り出された「ニンテンドーDS」と「PSP」と言う携帯型ゲーム機が市場を大きく先導し、それぞれに向けたソフトの売り上げも数字に貢献した。

なかでも、ニンテンドーのDS用ソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」「やわらか頭」はミリオンセラーを記録。和田洋一会長は、「コアゲーマーではなかった高年齢層や女性が入ってきて、ユーザの裾野が確実に広がっている」と分析する。

「脳トレ」系ゲームがヒットした一番の要因は、外見からはうかがい知る由もない。「脳年齢」なるものを数値化して見せ、しかもトレーーニングしだいで向上しますよ。と、誘導したことにある。

任天堂の場合、最高判定は「20歳」。最低については「高齢のユーザーが、実は最低判定なのに実年齢より「若い」と喜んでいらっしゃるという話もあるので、こうひょうしていません」「脳年齢」チェックの機能を導入する為「様々な世代のモニター200人に実際に問題を解いてもらい、所要時間などのデータをとって判定式を作った」と言う。

○○ 第一人者が監修

さらに、「監修者」の存在が大きな役割を果たしている。

「脳トレ」「もっと脳」の監修は東北大加齢医学研究所、川島隆太教授、近赤外線を使った「光トポグラフィー」と言う装置で脳の血液の流れを測り、どの部分がよく働いているのかを調べる、「ブレインイメージング研究」の第一人者とされる。

教授の業績を広めるたのは、03年11月に「公文出版」から観光した「脳を鍛える大人の計算ドリル」「脳機能イメージング」の成果として、逆に脳を活性化させるためには泣いをすればいいのかを研究し「簡単な」計算を早く解くこと」が有効だと言う結論から生まれたのが、このドリルだ。これまでに140万部のベストセラーになっている。


○○ 「ボケますよ」が効く

実はこのドリルに着目して、最初に川島教授の理論をゲームとして商品化したのは、玩具業界のセガトイズだ。「能力トレーナー」は04年10月の発売。任天堂の「脳トレ」より半年以上も早い。

「少子化が進むなか、『脱 玩具』で、50〜60代にもアプローチできる商品を模索していた」

元々一体型の玩具メーカーの同社は、「高価なゲーム機器本体は必要ない」という中高年層を念頭に置いて、商品化にあたっては、@液晶の文字を大きくA数字のボタンは電卓と同じ並びにBパッケージは親しみ易い書籍のように、などの工夫がしてある。

一方「PSP」を擁するソニーコンピューターテイメント。同陣営の「脳トレ」系ソフトは、主にセガが担当している。任天堂のようにペンで書き込むのでなく、ボタンを押して回答する方式のため、やはり川島教授監修の「脳トレーナーポータブル」を昨年10月に出し、続編「ポータブル2」を発売したばかりだ。

「ポータブル2」では、「計算」「反射」「判断」「記憶」の4文やから出題する。全20のイラストのうち、特定のイラストを示してその数を答える問題などは、「年齢による際が見られ名カゥッ田ため、脳年齢チェックモードから外した」クリエイティブプロデューサーなど、やはりモニター調査を裏付けている。

こうした「脳トレ」系ゲームのブームに付いて、雑誌「ファミ通」を発行するエンターブレインの浜村弘一社長は「ボケますよ、ボケないためにこういうゲームがありますよ、というのがわかりやすくてアピールしたのではないか」とみている。



以上新聞紙面より引用



脳力トレーナー 音読編
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02df1dd7.6768a30b/?url=http://www.rakuten.co.jp/toyporta/694847/696425/696514/#734301

【NDS】東北大学未来科学技術センター川島隆太教授監修もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング12...
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/025edaac.aab9169c/?url=http://www.rakuten.co.jp/mkkk/347542/353496/393449/#449452

脳を鍛える 指先体操
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bb3d18.a8fa2812/?url=http://www.rakuten.co.jp/phenix-elc/634862/685412/#712091


posted by ブログメッセンジャー at 09:29| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しいお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。