2006年06月22日

かかりつけの小児科医を持ちましょう

かかりつけの小児科医を持ちましょう

母親にとって、子育て、特に始めての育児は何かにつけ心配なものです。
核家族化で子供に接する機会が少ない母親達にとって、気軽に受診や相談の出来る小児科医を作っておくのは大切な事です。

■家の近くにかかりつけ医を

赤ちゃんは具合が悪くなる事が多いので、家から近く、歩いて連れて行ける範囲にかかりつけ医を作っておくのが理想的ですどんなに名医でも通院に長時間を世するようだと、赤ちゃんが疲れてあり、容態が悪化しないとも限りません。近ければ病院以外dめお、発育の不安などでも気軽に受診、指導が受けられ、、赤ちゃん意対する理解も深められます。

■小児科医を選ぶポイント

大人と子供では同じ病気でも症状が違うばあいがあるので、係りつけ医は小児科を選ぶのが理想です。小児専門医なら赤ちゃんの泣き方や、ちょっとしたしぐさから、病気や症状を判断してくれます。良い小児科医を選ぶポイントは、「どんな小さな不安や心配事でも丁寧に、親身になって説明してくれる」「近所の評判が良く、看護師や受付の雰囲気が良い」「自分の専門外のときは、すぐに専門医や大きい病院を紹介してくれる」などがあげられます。

■受診するときの心得

受診するときは、子供の様子や症状を要領よく花さえるようにしておくことが大切です。質問自行とともにメモにしておくのもひとつの方法です。また、直ぐに着脱できる福を着せておきましょう。嘔吐物や便を持参すると診察の参考になります。保険証や母子手帳も忘れないようにしましょう。

□こんなときは直ぐ受診を
・顔色が蒼白でぐったりしている
・泣き声がだんだん弱弱しくなる
・逆に激しく長時間泣く
・呼吸が急に浅く速くなる、息遣いが粗くなったり、極端にゆつくりになる。
・血の混じったような嘔吐をする、吐き気が酷く水分も受つけない。
・意識がはっきりせず、脈が速くて弱いか、極端に遅い、ひきつけがなかなか止まらない。
・出血が激しく止血しない。


以上新聞紙面より引用



人気の専門外来を知るガイド
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1666815/

こどもの医療が危ない
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1447122/

院長先生のここがまちがい小児医療
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1610035/




posted by ブログメッセンジャー at 21:48| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お子様の安全に関するお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。