2006年07月26日

水ぼうそうの看病 賃金407億円ロス 厚労省研究班

水ぼうそうの看病 賃金407億円ロス 厚労省研究班

家族らの年間分を推計

水ぼうそうの看病にかかる費用は年間407億円で、子供全員に予防接種を受けさせた場合の4倍以上かかっている。

厚生労働省の研究班(班長・岡部信彦・国立感染症研究センター)の推計で、そんな結果がでた。

研究班は、04年6月から一年間、合併前の島根県出雲市で、小児科のある全11医療機関に北水暴走の子を対象に、年齢、看病した人の職業と日数などを調べた。調査しに応じたかんなじゃ家族は402人で、66%にあたる265人から調査票を回収した。

その結果、延べ498人が、平均5.1日看病した。母が48%と半数近くを占めえ、祖父母(31%)父(18%)と続く。

これらの結果をまとめ、看病の為に失った平均賃金を推計したところ、患者一人当たり、4万8407円だった。全国の年k何発症者約84万人分として、国全体で407億円に上る。



以上新聞紙面より引用




子供によく見られる病気
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1204328/

小児救急マニュアル
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/280177/

名医はご近所にいる
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/4063660/




posted by ブログメッセンジャー at 13:22| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お子様の安全に関するお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。