2006年08月03日

働けど先見えず 「給料まで、水とパンでしのぐ」

働けど先見えず 「給料まで、水とパンでしのぐ」

低い賃金、短く不安定な雇用・・・。「偽装請負」の現場で働く若者達には、景気回復の実感は乏しい。「結婚は子dも尾なんて考えられない」「年をとってもこんな働き方を続けられるだろうか」将来が見えない不安を抱えつつ、あてどなく漂う。

◎ 偽装請負の現場で

○なえる気力

5月下旬のある夜、大分市の飲食店に数人の若者があつまった。大手請負会社に所属し、キャノンのデジタルカメラ工場で働く職場の仲間だ。

沖縄出身で30代前半の男性がぼやいた。

「昼休みはたった40分。メシ食う気力も無い」

立ちっぱなしの作業でむくんだ足。仕事着に着替えて食堂まで行くのに片道10分近くかかる。往復することを考えると、とても行く気にはならない。だから昼休みは、空腹を我慢し、よこになって午後の仕事に備える。

大分の大学を出て建設会社に勤めたが、給料が不満でやめた。今の仕事は「作業は単純でラクだけど、先が無い。ずっと同じ給料で続けるだけ。キャリアを積んだら上の仕事、ということもない」。

前の仕事は、かんなの使い方が上達するなど、技量が上達する充実感があった。ふるさとの沖縄へ帰りたいが、いい仕事がないので戻れない。

○生活費数十万円

福岡出身で20代前半の男性は、羽振りのいい生活にあこがれて多さkでホストをしていた。しかし、逃げた客の飲食代を背負わされ、借金取りに追われた。

今の仕事は、借金の肩代わりをしてくれて親に返済する為の一時しのぎだ。

見ず知らずの土地。請負会社に言われるままに寮にはいっあ。「寮費の4万2千円は相場より高い。光熱費も水増しされている気がする」量には、自分と同じように全国各地から集まってきた若者が住み、送迎バスで一緒に工場に向かう。

給料日前、カネが無くて、水とパンでしのぐこともある。「いつかまた、ホストをやりたい」

「求人広告では、月収22万可能、なんて言ってたけど、全然違った」と、女性(299は憤慨する。実際には16万円程度で、社会保険や家賃携帯電話代などを引くと、生活費は数万円しか残らない。

会社に文句を言ったが、担当者は、「残業や休日出勤があれば計算上は有り得る」とにべもない。腹は立つが、仲間たちは「どうせ長く働くわけでもない」と諦め顔だ。今月女性は工場を辞めた。職を探しているが、同じような工場での仕事しか見つかりそうにない。

○ 突然解雇

「これ 読んどいて」
5月末、愛知県内にあるトヨタ自動車グループの部品工場で働いてい田男性(21)が、雇用主の請負会社から「解雇予告通知書」を渡された。

書類には「自己都合の欠勤が多く、反省が見られない。メーカーへ迷惑を及ぼした」とある。

仕事中にけがしたことへの対応や給料の前借が出来なくなったことなどに、たびたび不満を訴えていた。「うるさいやつだから、クビにするのか」

北海道出身で、つきあっている女性とともに工場で働き、寮でも同居していた。あわてて個人で入れる労働組合に相談し、会社と交渉してもらった。解雇は何とか撤回させたが、秋には契約が切れる「どうせ更新してもらえない。北海道で次の仕事を探す」

○ 冷たい視線

日本の製造業復活の陰で、顧みられることのない無数の若者達。安い労働力をかき集めてメーカー側に供給する請負会社は、この10年で大きく成長したが、利益の源である彼らへの視線は冷めている。

「仕事に不満があっても、実際に声を上げることはほとんど無い」と請負会社の元幹部。

別の請負会社幹部も皮肉をこめて語った。「最近の若者は、実力主義を『時給が100円高くなる工場へ移ること』と履き違えていたりする。一生こんあ賃金で使われ続ける彼らの将来は大丈夫かねぇ。我々にとってはありがたい存在だけど・・・。



以上新聞紙面より引用



posted by ブログメッセンジャー at 13:10| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 労働賃金に関するお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 雇用雇用(こよう)とは、仕事をさせるために有償で人を雇うことをいう。民法第623条では、雇庸(雇用)は当事者の一方が相手方に対して労務に服することを約して、相手方がその労務に対して報酬を支払うことを約..
Weblog: 『労働』の知識
Tracked: 2007-10-31 15:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。