2006年08月21日

職場で閲覧 制限拡大 仕事に無関係なサイト 情報漏えい対策

職場で閲覧 制限拡大 仕事に無関係なサイト 情報漏えい対策


 

遮断ソフト 市場2割増職場のパソコンを使い野球の結果を素人インターネットに接続するのはダメ。仕事と直接関係無いサイトの閲覧を制限する動きが企業に広がっている。『業務の効率アップ」に加え、昨春の個人情報保護法施行を機に情報漏えい対策が強化されたためだ。青少年向けとして始まった有害サイトを遮断するフィルタリングソフトの市場が昨年は約2割伸び、今や学校や家庭以上に企業で浸透している。

 
トヨタ自動車では今春からアダルトサイトなどの「有害情報」が閲覧できなくなった。買い物サイトやスポーツなど趣味のサイトも、閲覧しようとすると「このページは利用制限されています」との警告が画面に表示される。

同社では以前から私的利用を制限する内部規則があったが、「徹底されないため実効性のある手段を導入した」という。

 

証券会社が加盟する日本証券業協会(東京都中央区、約300人)ではスポーツ、趣味、娯楽、出会い系などのサイトが03年から閲覧できない。「ゴルフや大リーグの結果がわかりにくくなったので、取引先との話題つくりにやや困るという反応はある。」と話す。

 

システム開発の日立インフォーメーションテクノロジーでは、04年から掲示板や転職情報サイトのほか、スポーツや映画、飲食店情報など娯楽性のあるサイトに社員がアクセスすると「業務に関係ありますか」という趣向の警告画面を出す。


「無視する社員は殆どいない、ただ、取引先の情報を得にくいといった声も有る」と言う。

一方、三菱商事は利用制限は設けていない。『良識に任せている。商社としてウェブを使って情報収集することは必要なこと』(広報部)と言う考え方からだ。

 

労務行政研究所が全国4057社を対象にし、139社が回答した2月の調査では、インターネット利用でルールをきめている企業68社のうち8割は私的利用を全面禁止していた。私的利用の防止策として、38%が閲覧状況の履歴を保存し、21%がシステム上で監視していた。

 

フィルタリングソフト国内大手、アルプスシステムインテグレーション(ALSI)によると、ソフト導入前の企業では、閲覧されるウェブサイトのうちほぼ4分の一が私的利用と見られるという。顧客の大手測量器機メーカーの場合、30%あった私的利用室が導入後は1%に減った。

 
ALSIによると、大手企業の導入率は約4割。富士キメラ総研の調べでは、個人情報保護法が本格施行された05年の国内市場は前年から20億円増え115億円に伸びた。

フィルタリングソフト大手のデジタルアーツによると、導入先の内訳は企業が60%、学校、官庁が30%、家庭が10%。

 

「企業が情報漏えい対策や内部統制を進める中、ウェブにアクセスすることで情報が漏洩しないよう履歴を監視する必要が出てきた」と分析する。

 

社員の電子メールの内容では、一定のプライバシーを認める判例がある。しかし、労働環境とプライバシーを研究する砂押以久子、立教大講師(労働法)は、「サイトは情報を得る手段にすぎず、アクセス制限にプラ居橋ー侵害が成立する余地はないといえる。ただ、チェックされる側が、ストレスを感じる方法だと、人格権の侵害に繋がる可能性が無いとは言えない」と指摘する。

 
 

以上新聞紙面より引用




 
 
 

i-フィルター4 通常版 2ユーザー
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/033a9b36.c32500e8/?url=http://www.rakuten.co.jp/s-anshintei/729468/741059/#748047


有害サイトはもう見せません。条例による青少年の健全な育成のためのフィルタリングソフトファ...
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/033a9b40.78fd70fa/?url=http://item.rakuten.co.jp/hitline/4582197241665/


 

お子様のインターネット早期教育に適したフィルタリングソフト。複雑な設定をなくしました。悪...
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0198f1c3.560b04ad/?url=http://item.rakuten.co.jp/goodwill/b4541168990032/



posted by ブログメッセンジャー at 14:27| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。