2006年10月05日

我が家のミカタ 住民と会社 板挟みの日々

我が家のミカタ 住民と会社 板挟みの日々

○ マンションの受付や掃除をしてくれる管理人さん その視点に立つと

〜秋深き隣は何をする人ぞ。

近所付き合いの希薄さが、芭蕉の句にも例えられるマンション生活。

それでも掃除や設備の維持が日々されるのは、管理人さんの存在があるから。住民のマナーや無関心、管理会社のサービスの質。
その視点からは、集合住宅が抱える問題点が良く見える。今週お聞かせするのは、「管理人ブルース」先ずは前編から。

□□□

東京都世田谷区のマンション。ここに通う管理人(68)の朝は早い。ゴミの収集日には、午前8時の始業より一時間早く来る。

目的は住民が出したゴミ袋の点検だ。ゴミ袋の中には空き缶が目立つ。袋を開いては分別しなおす。

出勤する住民に挨拶しても、返ってくるのはよくて会釈、大半は無視だ。廊下を見ればゴミの袋からぽたぽた落ちた汁。それを丁寧にふき取る。

3畳ほどの管理人室にはテレビもない。茶渋だらけのカップに粉末の緑茶を注ぎながら言った。

「それでもここはいい。住み込みのマンションは大変でした」
元は履物店の経営者。事業が傾き、最初はリゾート地のマンションで住み込みの管理人になった。

住み込みは、常に住民に見られていると言う緊張との背中合わせ。外からタクシーで帰ると「贅沢ね」。ネクタイをすると「おしゃれしてどちらへ」と噂された。

仕事上、管理組合の理事会で役員を務める住民から判を貰うことが多い。お伺いを立てるうちに、住民の態度が徐々に尊大になるのを何度も経験した。

「それでも決して嫌な顔は出来ない。何を言われてもぐっと飲みこんで、答えははいだけ。住民は管理会社のお客様だから」。

ストレスに耐えかねて辞めた人も多いと言う。
終わりは突然訪れた。健康づくりでウォーキングを始めたら「不在がち」と管理会社に連絡された。間も無く担当を外された。

時給850円で通う今のマンションは単身者が多い。住民も管理に無関心な分、気楽だと言う。

□□□

「管理会社の無責任振りにはイライラする」

こう話すのは、九州のあるマンションの管理人(54)だ。タクシー運転手や重機整備士などを経て、住み込みに。早朝や深夜にも住民の対応をするなど、私生活なしの毎日だが、喜ぶ顔を見ればそんな苦労は報われると言う。

困るのは雇用主である管理会社に当事者意識が感じられないことだ。

給水ポンプが故障しても、管理会社の担当者は対処方法をしらない。廊下の照明システムが壊れた時は4日間も連絡が取れなかった。担当者は夏休みをとっていて、空けてもこの件の返事はなかった。

この管理会社の担当は、理事会への報告でも質問に何も答えられなかった。それでも160戸の年間管理費は清掃費を含め670万円。

「見合う仕事を管理会社はしていない」と管理人は言い切る。

最近は管理会社に不信感を抱いた住民側が契約を解除する例も少なくない。

都内のマンションもその一つ。ただ、管理人の佐久間喜久恵さん(67)は住民からの信頼が厚かった。管理組合が直接雇う事で、引き続き勤務してもらっている。

午前中に掃除を済ませ、午後には受付へ。親の不在時に帰った小学生がいると、管理人室で宿題するのを見守る。佐久間さんは「世帯が少ないせいか家庭的。ストレスもなくありがたい話です」。

住民にとって「いい管理人さん」は囲い込むことでした確保できないのか。問題の本質は、管理人の要請や待遇にありそうだ。

来週は、そう気付いたマンション住民のNPOが管理会社に挑戦状をつきつけた活動をリポートします。



以上新聞紙面より引用




マンション管理用語辞典
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1489368/

マンション管理の常識〔平成13年〕改
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1384106/

要説マンション管理適正化法
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/036d7b6b.8f026aea/?url=http://www.rakuten.co.jp/thg/582854/582890/584934/#570418

posted by ブログメッセンジャー at 11:55| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 困ったお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24925406

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。