2006年10月08日

郵政投信販売 安心と両立難題 新事業の核 局ごとに目標

郵政投信販売 安心と両立難題 新事業の核 局ごとに目標

郵便局で投資信託の販売は、日本郵政公社が展開する新ビジネスの中核だ。しかし、苦情が増えたり、広告でルール違反があったりしたことは「国営で安心」という郵便局ブランドを守ることと、収益性向上」の兼ね合いの難しさを示している。来年秋の民営化以後、収益を優先するあまり無理な投信販売に走れば、郵便局の信用失墜を招きかねない。

3日昼、東京都内の郵便局を訪ねてみた。「投信に興味がある」と伝えると、30代後半に見える男性職員が、カウンターに案内してくれた。

「どうしても元本われしたくない、と言う人は購入できません」。局員はパンフレットを指しながら40分かけて説明し、「是非ご検討頂ければ」と締めくくった。購入を勧められるかと身構えていたが、名前や職業、連絡先も聞かれなかった。

公社は昨年10月、投資信託販売を、そろりとスタートさせた。郵便局は全国に2万5千局近くあるが、当初は575局だけで取り扱った。それでも全体の20分の1以下だ。

投信を販売するには証券外務員の資格がいる。加えて、取り扱い局の職員には公社が特別の研修を受けさせた。地方の高齢者を中心に、郵便局が扱うものは全て元本保証と勘違いしている人が多いためだ。

生田正治・公社総裁は「十分にリスクを説明しろ」と口をすっぱくして繰り返した。

販売当初は「説明が2時間にも及び、客が怒って帰ってしまうケースもあった」(公社関係者)と言う。

しかし、苦情や違反が出ているのは確かだ。

なかでも四国支社管内で、投信を売れない特定郵便局が無断で投信の広告を作った案件を、公社は深刻に受け止めている。東京支社の内部文書には「これらの事例が今後も続くようであれば、(金融庁によって)投信販売が制限され、経営的にも危機に立たされかねない」とかかれている。

ある公社職員は、背景には「構造的な問題がある」と指摘する。

○ 無理な営業に走る危険も

公社は今年度んも投信販売目標を、5400億円と設定しているが、それを取り扱い局ごとに割り振っている。公社は「目標であり、ノルマではない」としているが、ノルマを受け取って無理な営業に走る局員も出てくる。

優秀な成績を収めた局を表彰したり商品を出したりすることで、競走をあおっている面もある。答申の顧客を一人扱い局から取り扱い局に紹介すると、「一件につき1ポイント、成約したら5ポイント」と言った基準でポイント数の高い局を表彰する制度もある。

郵政民営化の背景には、金融庁の物流の競争が劇化する中、このままでは郵便事業が破綻し、多額の税金投入につながりかねないという事情があった。民営化に伴い、創意工夫やコスト削減に因る収益向上が求められるが、顧客の都合を考えずに手数料を稼ぐ姿勢に傾く恐れを指摘する声は、公社内にもある。

投資信託の販売実績を職員の給料に直接反映させるなどしてノルマ達成が強化されれば、一時的に収益が向上したとしても、大切な「信用」を失いかねないからだ。


以上新聞紙面より引用



*管理人の一言
以前『トヨタ方式』と言う、効率的な仕事の進め方を、ある郵便局で、トヨタの社員を派遣させて研修させた所、長年の郵政公社のながら主義になれてしまった職員には、研修後でさえも、効率的に仕事をこなす事ができない人が多かったと、何かの書物に書かれていた。
結局効率的に仕事がこなせないと言う事は、収益は勿論の事、人件費が掛かると言う事に他ならない。
見ていても、郵便局の窓口業務と言うのは、人の手に依る部分も多いと思うが、『切手等販売』の窓口が行列でも、となりの『預貯金の窓口』から、機転を利かせてこちらへどうぞと声をかけて暮れる人が出てきたのも、つい最近のような気がする。
以前、こんなに混んでいる小さな郵便局も珍しいと思う局があったが、もしかすると、混んでいても効率的に早く仕事をさばく局員ばかりで成り立っているので、ココへ来る人がおおかったのかもしれない。



郵便貯金はやめなさい!
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1160864/

なるほど、だから投資信託なのか
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/3603906/

証券外務員二種・信用・一種合格のためのトレーニング第3版
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0151a130.f21fcf58/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/3593467/




posted by ブログメッセンジャー at 18:06| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融等に関するお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。