2006年10月26日

USEN  競争激化で苦戦続く 株価 年初の3分の1に

USEN  競争激化で苦戦続く 株価 年初の3分の1に

ネット関連企業では比較的堅実と見られてきたUSENの経営に、不透明間が増している。主力の優先放送、カラオケに次ぐ資金を投じてきたブロードバンド(高速大容量通信)や動画配信事業は競争が激しく、黒字化に手間取っているためだ。

救世主として名乗りを上げたライブドアとの提携も具体的な成果は見えていない。

創業事業の有線放送、カラオケが売り上げ高の6割を占めるが、飲食店の減少などで、両事業の最近の業績は横ばいだ。

このため、01年に光ファイバーをつかっあ通信事業に参入。04年に映画配給のギャガコミュニケーションズを買収し、05年4月には無料ネット動画配信サービス「ギャオ」を始めた。

ギャオの登録者数は、1189万で過去1年で4倍に急拡大した。しかし、「広告主の認知度が思ったより上がらない」(幹部)のため、赤字が続く。

07年8月期の速い時期での黒字化が目標だったが、後発のヤフーなどとの競争は激化する一方だ。

ブロードバンド事業も利用者は増えているが、光ファイバー回線の契約者数のシェアはNTTグループとの競合で8%。今後事業を買収したKDDIの攻勢も予想される。

9月には宇野康秀・USEN社長がオーナーだった人材サービス業のインテリジェンスを連結子会社にし、グループ規模を拡大したが、相乗効果に首をかしげる見方もある。株価は新興市場の低迷に引きずられ、年初の3分の1に低迷。

取り沙汰されてたライブドアとの資本提携の見通しも立たない。


○ ギャオを新しいメディアにライブドアを提携「議論中」 宇野社長

88億円の当期赤字となった06年8月期決算をどうみますか。

「売り上げ高は目標を上回り、事業活動はまったく後退していない。

今回のマイナス部分は、翌期以降はプラスに働く。そこを投資家の方々にも理解して頂きたいと思う」

ギャオの黒字化の見通しは?

「第3四半期(07年3から5月)からは構造的に黒字になるだろう。いつ黒字になるかばかりが注目されるが、1千万円の黒字なら意味が無い。ギャオを新しいメディアにするという思いは強い。なりふり構わぬではなく、収益を気にしながらじっくり育てていく」

株価の長期低迷はなぜですか。

「多くの企業合弁・倍しいをした事で、USEN事業全体がわかりにくくなっている側面はある。投資家にわかりやすく説明していく必要があると考えている」

ライブドアとの資本提携交渉に進展は。

「議論を重ねている段階だ。踏み込んだ提携となるとライブドアの経営方針に関わる事だ。株主も多いので、時間は掛かる」



以上新聞紙面より引用



【送料込み】CASIO カシオ 家庭用通信カラオケ「カラオケスタジアム」 (KS-1BB)
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0385c4cb.fe954b99/?url=http://www.rakuten.co.jp/g-ism/523331/704033/#742562

KS-1BB ┗∇カシオ カラオケスタジアムBB(通信タイプ)KS-1BB [KS1BB] ∴新品なのにアウトレ...
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/01cee0c9.ecfaa8d5/?url=http://item.rakuten.co.jp/ebest-outlet/4971850341734/


posted by ブログメッセンジャー at 09:45| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融等に関するお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。