2006年11月06日

雇われるより「起業」公的支援は十分?

雇われるより「起業」公的支援は十分?

中高年新卒も意欲 サポート多彩

○現状は

「サラリーマンになるより、自分で事業を起す」。

そんな機運が高まっている。

90年代後半からIT(情報技術)分野を中心にベンチャーブームが起きたが、ITバブルの崩壊と共にいったんは静まった。しかし企業のリストラや採用抑制をきっかけに、中高年や大学新卒者らが起業に注目し始めている。

設立登記された会社数は02年を底に再び増え、04年は10万社を超えた。

中小企業庁は、起業に意欲を持つ人は年々増え、約130万から150万人いると見込む。

政府は、少子高齢化が進む中で経済成長を維持するためにも、起業を促す政策が必要と考えている。

中小企業支援というと、かつては「大企業との格差是正」「弱者救済」という色が強かった。しかし、99年の中小企業基本改正法で、創業や独立に意欲のある人への支援策が多く盛り込まれた。

公的な支援策としては、低利融資や、信用保証、税の優遇の他、起業セミナーや経営相談窓口などがある。

しかし、起業に踏み切れない人は少なくない。

ニッセイ基礎研究所が04年、会社員やパートアルバイトら約6千人を対象に行った「働く人の就業実態・就業意識に関する調査」では、起業を敬遠する理由として、失敗した時の借金や不安定な収入などのリスクを挙げる人が多かった。

実際、せっかく起業しても、上手くいかずに廃業する例は少ない。06年版中小企業白書によると、開業初年で3割が廃業している。

起業を増やすだけでなく、開業後に失敗しないための支援策が求められている。

○ 設立手続き相談 女性に先輩紹介 具体策は

では、具体的にどんな公的支援策があるのだろう。

会社設立の手続きを知るには中小企業・ベンチャー総合支援センターが役立つ。事業計画書の書き方や届出書類の一覧が載っている冊子が置いてあり、相談窓口もある。

会社を設立するには資本金が必要だ。最低限はかつて株式会社で1千万円、有限会社で300万円だった。

それが、03年2月、設立5年以内の増額を条件に、資本金一円でも会社を設立できる特例が出来た。

いわゆる「一円起業」だ。

今年5月には、この条件も廃止されている。いま、会社の登記に必要な費用は、登録免許税など約24万円で済む。

インターネット関連の会社のように資産が少なくても事業を展開できる業種が増え、取引先も資本金の額で信用度を判断しなくなりつつある事が制度改正の背景にある。

最低資本金の特例を使って03年2月から今年4月に設立された企業は3万8618社、主婦や学生、大学の研究者なども含まれる。労働力として期待されウR女性や高齢者が自分に合った仕事を見つけるには、起業も有力な選択肢だ。

女性の起業の現状はどうなっているのか。01年から02年の創業者のうち女性は3割程度にとどまるが、創業に向けて準備をしている女性は約18万人いるとされ、バブル崩壊以降は増え続けている。

厚生労働省は企業後1〜2年程度の女性企業科に、先輩起業家から1年間継続的に相談を受けられる「麺ター紹介際ービス事業」を始めた。

今年6月から2ヶ月間で、87人が利用している。


○ 課題は 失敗防止 客観的な意見が大事

起業にこぎつけても、安心はできない。

国民生活金融公庫が01年に開業した融資先約2千社を追跡調査したところ、05年末までに15%が廃業していた。

廃業率は飲食店や小売業が高く、個人向けサービス業は低かった。

同じ調査で、成功するための大事な要素Wを経営者に尋ねたところ、8割が「経営者自身の資質や能力、意欲」を挙げ、「人脈、人的ネットワーク」は約4割だった。中小企業・ベンチャー総合支援センターの西沢民夫・統括プロジェクトマネージャーは「ビジネスプランをじっくり練るのが第一。それから経営者や専門家に相談し、客観的な視点から意見を求めるのが大事」と助言する。

会社を着実な成長軌道に乗せるのもむずかしい。

中小企業金融公庫の04年調査では、経営の最大の課題として、半数地アックが「売り上げが伸びない、減少している」と答えた。

せっかく、新製品を開発したり、魅力あるサービスを用意したりしても、市場を開拓しなければ売れない、実績が無いベンチャーであれば、なおさら営業努力が必要になる。

販路を広げたり、事業提携先を開拓したりするには、いろんあ業者ふぁ集まるマッチングイベントに参加するのも有効だ。

地元企業の販路拡大を支援するために、都道府県が主催して東京や大阪で開くケースもある。

西沢さんは「イベントには、良い製品や良いサービスを発掘したい事業者だ集まる。市場側のニーズを聞くことで、商品改良のためにヒントも手に入る」と話す。



以上新聞紙面より引用






posted by ブログメッセンジャー at 21:50| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 便利なお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1円起業目指してます!
学生社長にインタビューなど
Posted by オガタツ at 2007年03月21日 18:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26891950

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。