2006年12月25日

厚生労働省の共済組合で医療費優遇

厚生労働省の共済組合で医療費優遇


旧国立病院無料で受診 20年超 優遇70億円

なんとも言えない数字ですね。

優遇70億円と言うこの数字が、どの時点での70億なのか、記事だけでは分かり難かったのですが、共済組合員は、福利厚生費の一環として、長年にわたり本人はもちろん家族の分まで無料で診療していたということです。

なんとも、いえませんね。

我が家は、年間医療費は毎年ほぼ「医療費控除が受けられる」金額、10万円超になります。

単純に計算しても20年ってことは200万もの大金を支払わずに医療を受けていたという事になるので、これは凄い事です。

10万有れば、家族で小旅行へ行けますよね。

なんだかなぁ。

  
posted by ブログメッセンジャー at 21:24| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 困ったお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30269180

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。