2007年01月30日

砂かけるとピカピカになるの 泥だんご作り

砂かけるとピカピカになるの

泥んこ遊びができる場所も少なくなりましたが、泥だんご作りは今も健在です。
土いじりのたのしあ、ただの泥から鏡のような光沢が生まれる以外性・・・。
その魅力も様々です。

吐く息も白い冬の朝。
一月半ば、京都市郊外の東京教育大付属幼稚園で、子供達が手製の凧を手に園庭を走り回っていた。

「おはよう」。
同大教授(発達心理学)で延長で加用文さん(55)が現れた。
子供遊びを研究するうちに、泥だんご作りに魅せられて本やビデオまで出し、今や代理石のようにピカピカに光る泥だんご作る」「達人」だ。 花壇のそばにじょうろで水をまき、しゃがみこんで土をこねだした。「先生だんご作るん?」ちなつちゃん(6)が声をかけてきた。
加用さんがうなずくと、自分も小さなバケツに水をくんできて、隣でこねだした。

「あ〜だんご作ってる」。
たくみ君(6)もやってきた。一人、また一人と輪が広がる。

丸めた泥んこに砂を掛けてはなでる繰り返し。<コツは?>

「うんとね、ちっちゃい石とか、入んないようにするの」とちなつちゃんが言えば、たくみ君は「ちょっと混ぜた方が固くなるよ」。それぞれやり方、こだわりがあって、自分のだんごが一番だ。

作り始めて30分ほど。べちゃべちゃだった泥の塊がだんごらいくなると、みんなが動き出した。
滑り台の下、建物の壁際・・・。
思い思いの場所で、だんごに乾いた砂を掛けている。
「あのね、こっちの方がいいさら粉があるの」。
ちなつちゃんと一緒に居たはるかちゃん(6)が教えてくれた。


手のぬくもり愛着わく

さら粉とは、さらさらな砂のことだ。それで、だんごの表面を滑らかにする。
「めっちゃさらさらの砂掛けると、つるつるになってピカピカになるの」。
手のひらも、土でてかてかだ。「だんごが光んないで、手が光ってきちゃった」
ちなつちゃんは、「一輪車とかも好きだけど、さら粉をかけるのも面白い」。でも泥だんごつくりは幼稚園でのおたのしみだ。「お家の周りはね、泥とか無いの」

昔は道端の水たまり、空き地で、泥んこ遊びは日常だった。
でも町並みがきれいになり、思い切り泥んこ遊びが出来る場所は減った。
「最近は、公園も水はけがいい砂を入れていれているでしょう。ああいうのは泥だんご作りに向かないんです」と、加用さん。

遊ぶ機会が減ったせいか、「泥をさわるの嫌、と言う子も居ますよ」。でもいざやってみるとみんなのめりこんでいく。何がそんあんい夢中にさせるのか。

「土ってね、いじっているうちにだんだん温かくなるんでえす。手のぬくもりがだんごに伝わって、なんとも言えない愛着がわいてくる」。加用さんの実感だ。だからみんあ、卵を抱える親鳥のようにだんごを大事に抱えている。

25日、加用さんは東京都中野区の中野神明小学校に招かれ、1.2年生に泥だんごの作り方を教えた。
「最初に、私の作っただんごを見せますね」。加用さんがタオルをそっとめくって、グレーに光る泥だんごを見せると、校庭に座った子供達は、「ウォー」「すげぇー」。説明が終わると、先を争うように土をこねだした。

人のを見ているだけじゃつまらないので、こちらもだんご作りに挑戦。やってみてわかったのは、丸くしよう、つるつるにしようと焦っては駄目だということ。辛抱強く砂をかけ続けただんごが「すげー、チョーまん丸」と言われたときは誇らしい気分だ。

「はーい今日はそこまで」。
先生の号令が掛かっても、砂を掛ける手はなかなか止められない。子供から大人まで夢中にさせる泥だんご、やっぱり奥が深い。

新聞紙面より引用

 
posted by ブログメッセンジャー at 18:53| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しいお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。