2007年04月19日

不妊治療で結合双生児 国内2例目

国内における不妊治療の結果、東日本のクリニックで昨年、体外受精に因る妊娠で、結合双生児を妊娠して居たと発表。
一卵性双生児が正常に分離しなかった為と見られるが治療との因果関係はわかっていないとの事。
不妊治療を経た結合双生児の妊娠例は、国内で2004年の初報告、会がイデアh3例の報告例あり。
今回の治療に因る結合体は、妊娠18週で1つの頭蓋骨内に大脳が二つあり、上半身はひとつ何位脊椎の入脊柱管が二本、手足も二対あった。
出産ご分離希望の患者に対して、病院の判断は分離不可能との事で、中絶に至った。
実際の数はもっと多くて、報告されていない物も有るとの見方もある。
★ イーグルス勝利 エントリーでポイント2倍 ★

不妊にまつわる本
  
 

posted by ブログメッセンジャー at 07:00| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康に関するお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。