2007年04月21日

欠陥住宅被害の救済策手厚く 新法審議はじまる

欠陥住宅被害の救済策手厚く


欠陥住宅の被害者を救済する新法案を国土交通省が国会に提出し、今月内にも本格審議が始まる模様となりました。


*欠陥の補償費を支払う任意保険の加入率は低く、新たな「特定住宅瑕疵担保責任履行確保法」案で泣き寝入りを無くす。


*負担は売主側で。

*売主に故意過失がある場合保険金は未払いとなるため、支払い保険料の一部で基金積み立てる等円滑に運営できるようにする。
*業者にも使い易いように、様々な工夫をこらす。 まだ審議の段階で決定した事案では有りませんが、安心して大きな買い物が出来るようになる事は好ましい事です。

欠陥住宅を掴まない為に 参考図書
  
  

posted by ブログメッセンジャー at 11:00| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 住環境の安全に関するお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜
↓あなたのサイトを紹介しました〜
http://blog.livedoor.jp/car27jp/archives/50140379.html
Posted by car27jp at 2007年04月21日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39463539

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。