2007年09月17日

『神経経済学』の研究で過剰債務の脳を科学する!?

お金のやりとりなどの経済行動を決める要因を脳の仕組みから、解き明かそうという学問分野。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『ニューロエコノミクス』という(神経経済学)の分野で研究が盛んになってきています。

損得勘定と言うのは、意外と感情的で、複雑な部分があるそうなのですが、この研究を進めて、過剰債務の日とが何故借金を繰り返すのかなどの問題に迫れる可能性があるかもしれないそうです。

一昔前は「馬鹿は死ななきゃ治らない」とか、借金癖なんて言う言葉も有るように、単に仕方ないで済ませていた大変な悪癖も、薬が聞いたり、カウンセリングが有効になったりするようになるといいですね。

『ニューロエコノミクス』なかなか将来有望な研究のようです。


posted by ブログメッセンジャー at 07:00| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融等に関するお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。